日本に来てから知った保健師[Hoken-shi]という職業

保健師[Hoken-shi]さんはすごいです

日本に来てから保健師[Hoken-shi]という言葉はあまり聞いたことがなかった。
生命保険の勧誘員か、保健の先生になる人の資格だと思っていました。
しかし病院で保健師と名札に記載してある看護師を見た。
何も知らない私は保健師が看護師国家試験に合格したうえでさらなる勉強をして国家試験に合格しらければいけないんですね。
それを知った時はこの保健師さんはすごいんだなと考えさせられました。

学校の保健の先生も保健師さん

そうなると学校の保健の先生も本当に預けていて安心なんだなと感じました。
資格っていろいろあるんですね。
資格はいろいろあるのですが実際どんな資格があるのか一部でしかわかりませんね。
看護師は知っていても保健師ってなんだろうと思う人も多いと思います。
保健師さんは看護師の資格も取りまたさらなる勉強をして保健師になったとはほんとすごいです。
知らない人は看護師は病気を治すひと保健師はその補助的なことをすると思いますが保健師は病気を治すこともでき病気にならないような手助けもできる人ということになるので本当にありがたい存在です。

保健師は病気を減らす救世主

保健師は耳慣れない言葉ですが、実は国家資格です。
保健室の保健の先生のイメージがあるのですが実際はどうなのでしょう。
保健師の活躍の場はいくつかあるようです。
学校保健師であれば怪我や病気の応急処置や生徒と教職員の健康保持が仕事です。
いわゆる擁護教師と重なるイメージは正しそうです。
また企業で働く産業保健師ならば、そこで働く人々の健康管理になります。
今増えてきているメンタルヘルスの分野も担当になるのでしょう。
中年社員に多く見られるメタボリック症候群の指導もしてくれます。
最近は保健師さんの転職も増えているようです。
どんどん社会で活躍してくれればなりたい職業ランキングで保健師が人気になることもありそうです。